MENU

Kitokurashi no Koubou

木と暮らしの工房

「白樺プロジェクト」が始まって3年。これまで「林業的な価値はない」といわれてきたシラカバの「利用」が、違和感なく受け入れられるようになってきました。意欲的な外部のデザイナーやコーディネーターとのコラボレーションや、建築や家具関係のプロジェクトメンバー間での協業などを重ねてきました。それらを紹介するとともに、プロジェクトのもう一つの柱である「人の手で広葉樹を育てる」を考える展示とサイエンスカフェを行います。自給率が1割にも満たない広葉樹の循環的な利用と、森林の保全が調和する仕組みづくりを模索していきます。

また、絵本「シラカバ・ブック」を制作いたしました。旭川デザインセンターのブースにてお配りしています。白樺プロジェクトでは、これまであまり利用されてこなかったシラカバを北海道の持続可能な地域資源として捉え、産業として文化として地域に根付く活動をしています。人の手で「育てる」と、高付加価値で「利用し続ける」が2つの柱です。一過性のブームを作るのではなく、50年先を見据えて一緒に仕事をできる人と「出会える場」と考えています。

Event Schedule

シラカバ樹皮採集ワークショップ|6/26(日)

東川町の大雪山自然学校と共催で、シラカバ樹皮採集のワークショップを行います。また、樹皮を使ったトレーづくり体験を行う予定です。詳細と申し込み方法は、6月上旬ごろ弊社ホームページでお知らせします。また、7月に北海道大学雨龍研究林(幌加内町朱鞠内)と道北の枝幸町の山林で樹皮採集のワークショップを行います。6月中旬ごろ弊社ホームページでお知らせします。

※今年は、オープンファクトリーは行いません。工場見学をご希望の方は、会場にて個別にご相談ください。

Information

上川郡東川町西11号北29番地
TEL 0166-73-9202